電子ブレーカー シェアNo.1 ジェルコントロールシステム

 電気代が安くなる秘密

<見直しで安くなるのは電気事業法改正のおかげ>

平成7年に施行された電気事業法の改正により、新たに「主開閉器契約」(ブレーカー契約)が誕生しました。 これは24時間、設備機器が連続でフル稼働しないようなエレベーターなどがあるマンションにとって、実際の使用状況に応じた電気料金に契約が変更可能というものです。 しかし、電力会社は自ら申請しない限り、「主開閉器契約にした方がお得ですよ」とは教えてくれないのが現状です。

<専用の電子ブレーカーがお勧めな理由>

一般的なブレーカーは、熱感知式が多く、連続して過電流が流れると放熱することができず、電気が遮断されやすくなります。 一方、主開閉器契約の電子ブレーカーは、基準電流値を上回ることがない限りは、ブレーカーが遮断されることはありません。 電気代の基本料金を決めるときにポイントとなる「最大電流値と時間」を正確に把握することで、あなたのマンションや事業所にとって、最適な契約変更を可能にしてくれるのです。

 豊富な経験と専門知識が必要

重要なのは、しっかりとした事前の測定・調査です。 すべての電気設備に電流が流れた場合を正しく想定して計算できる、豊富な経験と専門知識が必要です。 実際に動力設備がどれくらいの電流・時間・頻度で動くのかを計測して、お客様にとって適切な電子ブレーカーをご提案いたします。

電子ブレーカー導入事例

※電力会社により基本料金単価が異なるため、削減金額に差異が発生いたします。 予めご理解ください。

電子ブレーカーは既存配電盤(電気室・分電盤内)に設置いたしますので、外観上の変更はございません。 ※ただし設置スペースが確保出来ない場合は、外付けブレーカーBOXを設置する場合があります。

電気料金削減へ向けて

電子ブレーカーを導入し主開閉器契約へ変更した場合の、電気料金削減可能金額を無料で調査お見積させていただきます!

お見積りをご依頼される際には、現在の低圧電力契約内容が分かる電力会社からの請求書や検針票等をご用意の上、弊社までお問い合わせください。
※もし検針票等が見当たらない場合でも、お見積りは可能ですのでお気軽にご相談ください。